美肌になりたい★年齢肌には洗い過ぎない洗顔が必要だからkikimate クレンジングジェルを使いました

 

 

洗い過ぎない方が美肌になれる

 

先日体調が悪くて一日お風呂に入らずに過ごしました。メイクしていなかったので顔も洗いませんでした。髪の毛も洗いませんでした。最近気温が低くて汗も大してかかないので一日くらいお風呂に入らなくても全然大丈夫でした。気持ち悪くありませんでした。また土日で会社が休みだったので顔を念入りに作り込む(メイク)必要が無かったのでメイク落としもせず、顔はずっと放置でした。

 

 

 

服はパジャマ、髪はボサボサ、ノーメークで女を捨てた状態でした。

 

 

 

それで感じたことです。鏡を見て「肌がいつもよりもキレイじゃないかい?」と思ったのです。お風呂に一日入らないと、翌日の夜まで40時間以上顔を洗わない事になりますが、いつもよりも肌がツヤツヤでキレイになっていたんです!

 

 

 

メイクをしていない46歳の顔は大っぴらに表に出せるような顔では無くてほぼホームレス状態だったのですが、肌のコンディションだけは明らかにいつもより格段に良かったんです。嬉しかったですね。肌が潤っていてシワが目立たず、プリプリだったんです。肌だけツヤツヤのホームレスがそこには居ました。

 

 

 

なぜか?なぜそんなに肌がキレイだったのか?それはメイクをせず、顔を洗わずにいたからとしか思えません。

 

 

 

という事は「メイクを落としたり洗顔をし過ぎる事は肌に良くない。」「なるべく洗わない方が皮脂が落ちずに肌に良い。」と言えますね。

 

 

 

もちろん、20代の若者は毎回ちゃんと顔を洗ってしっかりメイクと皮脂を落とした方がいいと思います。

 

 

 

ただ私は46歳なので皮脂の分泌が少ないわけです。皮脂は天然の美容液ですからそれを毎日取り去ってしまうのはやっぱり肌には良くないのですね。

 

 

 

かと言って仕事に行くのにメイクは必須なので、メイクを落とす際に「しっかり落とすけれども顔の皮脂を取り過ぎない。」という事が大切になって来ます。

 

 

 

それが肌のコンディションを左右するんですね。メイク落としで皮脂を取り過ぎると、その後からいくら美容液やクリームを塗っても潤いを保つのは難しくなると思います。

 

 

 

逆に良いメイク落としを選べば、皮脂を取り過ぎずにしっかりメイクだけを落として肌をプリプリに保ってくれるでしょう。どんな洗顔料を選ぶかって意外と重要なんですね。

 

 

 

一日顔を洗わなかった事で「洗いすぎは良くない。皮脂の取り過ぎは良くない。」とつくづく分かったので洗いすぎには十分気を付けないと!

 

 

 

先日、こちらのメイク落としを頂きました。

 

<< kikimate クレンジングジェル >>

 

 

kikimateは敏感肌・乾燥肌の方のお悩み解決に特化したスキンケアブランドで、洗うほどに潤う天然由来成分90%以上のダブル洗顔不要のクレンジングジェルです。

 

 

 

合成界面活性剤、合成着色料、鉱物油、ケミカル、シリコン、全て無添加です。

 

 

 

「これはいいのではないか?私が求めている皮脂を取り過ぎないメイク落としなのではないか?」と直感的に思いました。使わないでしばらくしまっておいたのですが、この機会に取り出して使う事にしました。

 

 

 

真っ白のパッケージが清潔感があるけれどもインパクトが無いというか、あまり購買意欲をそそられないのは、私がバブル世代だからでしょうか?バブル世代は何でも派手な色や柄を好みます。いくら時代遅れでも若い頃に植えつけられた価値観から離れられないのです。

 

 

 

だからいまだにピンクや黄色などの原色や蛍光カラーに惹かれてしまうのですね。時代は流れているのに、それが「一番素敵❤」と思ってしまうんです。子供の頃や若い頃の価値観を変えるのは難しいですね。

 

 

 

芸能人の浅香光代は、子供の頃に奉公に出されていた家で猿を買っていたので、「大人になって成功したら私も猿を飼いたい!」と決心していたそうです。そして芸能界で成功して実際に猿を飼ったそうです。

 

 

 

ハタから見れば「なぜわざわざ猿を飼うんだ?犬や猫じゃなくて猿?意味が分からない。」と思うのでしょうが、本人にとっては{猿を飼う」=「成功のあかし」なのですから他人からとやかく言われたくないし、子供の頃に強烈に感じた価値観はいくら年をとっても変わらないし変えられないものです。「あたしゃ、猿をどうしても飼いたいんだよ!」とずーっと何十年も思っていたんでしょうね。

 

 

 

kikimate クレンジングジェルの実力をチェック

 

さて、バブル世代の好みとは180度逆を行くシンプルなパッケージ「kikimate クレンジングジェル」、いつものように実験してみました。手の甲に口紅やアイシャドウを塗って、どれくらい落ちるのか?のレベルをチェック。

 

 

 

強めに引いた真っ赤な口紅です。

 

 

 

 

なじませるとスーッと落ちました。すすぎながらもクルクルと指でなでるのがポイントです。こうすると確実に落ちます。

 

 

 

 

油性マジックは無理かな?落ちないかな?と思ったらきちんと落ちました。なかなの洗浄力です。

 

 

 

全部ちゃんと落ちましたが、正直言ってお塩の石けん米ぬか酵素洗顔に比べるとメイクを落とすまでの時間はかかります。あっという間には落ちません。落ちるまでに十数秒がかかります。石鹸ではなくダブル洗顔不要のジェルなのに、この洗浄力があれば十分だと思いますが。

 

 

 

たっぷり手に取って10秒位放置し、ゆっくりなじませるのが一番良い使い方だと思います。サイトの動画ではすぐにクルクルと手早くなじませていましたが、少し放置した方がメイクが良く落ちると思いました。

 

 

 

アトピー肌、赤ちゃん肌にも使える「天然の洗浄料」として有名なソープナッツを配合しているので、洗顔した後の水分量が減らないのが良いと思います。ソープナッツは古くから石鹸やシャンプーとして使用されている天然素材で無添加100%なのにさっぱりとした洗浄力があるそうです。

 

 

 

保水力も高く潤いをキープしたまま洗いあげます。確かに普通の石けん成分よりも水分量が高い実験結果が出ています。

 

 

 

kikimate クレンジングジェルを使った後はもちろん顔は全然つっぱりませんでした。乾燥もありませんでした。

 

 

 

濡れた手でも問題なく使えるのが楽でした。まつエクをしていても使用OKだそうです。

 

 

 

約1ヶ月分が初回定期1,500円(税抜)で定価の70%OFFで送料無料です。回数のしばりは無いので一回限りの解約でも可能です。だいぶ安くなっていて嬉しいですね^^

 

 

 

美肌へのあと一歩は「落とす美容」で叶える

 

VOCE12月号に載っていた記事で「クレンジング美容の3大掟」を読みました。

 

 

 

 

有名メイクアップアーテストの小田切ヒロさんが「どんなクレンジング(メイク落とし)を選べばいいか?」語っています。

 

 

1.質の良いクレンジングに今すぐ替えて、脱デカ顔!脱不調!

 

日々のスキンケアで一番大切なのは肌が生まれ変わること。メイクが完全に落ちずに肌に残っているとデカ顔や不調の原因になるそうです。

 

 

 

2.美肌への最短経路は「落とす・与える=9:1」のスキンケア!

 

更なる美肌を目指すなら夜のケアはクレンジングに9割の力をかける事。化粧水や美容液やクリームなどの与えるケアは1割で良いそうです。

 

 

 

3.汚れと共に肌に残らず流れ去るクレンジングを選ぶべし

 

すすいだ時にきちんと汚れを取り去ってくれるクレンジングがいいそうです。これは言わずもがな、ですよね。古い角質を浮き上がらせて、洗い流した後はしっかり潤う、これが良いクレンジングの条件だそうです。

 

 

 

クレンジング(メイク落とし)を選ぶ際には、上の3つを参考にして選んでみると良いかもしれませんね。

 

【”洗うほど、肌が生まれ変わる” << kikimate クレンジングジェル >>】

 

 

*個人の感想なのですべての方に効果があるとは限りません。

 

 

 

年齢肌にはゼイタクなクレンジングを

 

 

 

 

関連記事

 

 




  にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村